【ハワイ旅行者必見】ワイキキトロリーの申込方法を解説

Waikiki trolley

ブログランキングに参加していますので
↓↓↓よろしければ応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ

WELCOME TO KONALOHA BLOG

こんにちは、駆けだしハワイヲタクのコナロハです!!

GWを迎えハワイへ旅行する人も増えてきましたね!!
コナロハもハワイ旅行の予約と準備を進めています( ^ω^ )

陰性証明や申請書などコロナ禍によってハワイ旅行も大きく変わっていると感じましたので
今回は個人手配ではなくHISさん経由で申し込みました

HISさんのワイキキ移動手段といえば「LeaLea(レアレア)トロリー」が有名ですが
2022年9月末まで運休となっています(ToT)

「LeaLea(レアレア)トロリー」は運休ですが
ワイキキを起点に観光名所を巡れる「ワイキキトロリー」は利用できます!!

【追記】
LeaLeaトロリーは2022年11月に運転を再開しました!!
https://www.lealeaweb.com/trolley

ただ、事前申込が必要だったりとちょっと複雑です
今回はワイキキトロリーの運行概要から、実際の画面を見ながらの申込方法までわかりやすく解説していきます

【この記事はこんな人におすすめ】
・ワイキキのトロリー事情が知りたい
・ワイキキトロリーの運行ルートや時間が知りたい
・ワイキキトロリーの申込方法が知りたい

それではいってみましょう(^o^)/

目次

ワイキキトロリーの運行ルート

2023年5月29日現在で、ワイキキトロリーは4ラインを下記のスケジュールで運行しています
◆曜日によって運行スケジュールは異なります
◆運行ルートや運行スケジュールは変更となる可能性がありますので最新の情報をご確認ください

【運行ルート】
レッドライン(市内/アーツ、ディストリクト)
→イオラニ宮殿やチャイナタウンなどワイキキの西側を110分でまわります
ブルーライン(海/ダイヤモンドヘッド)
→カハラモールやダイヤモンドヘッドなどワイキキの東側を110分でまわります
ピンクライン(アラモアナショッピングセンター)
→アラモアナショッピングセンターやイリカイホテルなどワイキキの中心部を60分でまわります
グリーンライン(ダイヤモンドヘッド)
→ダイヤモンドヘッドやカイムキエリアを60分でまわります

また、運行スケジュールとしては

・レッドライン→6本/日(最終便15:00発)
・ブルーライン→9本/日(最終便13:50発)
・ピンクライン→38本/日(最終便19:15発)
・グリーンライン→8本/日(最終便14:20発)

詳しい運行ルートとスケジュールはワイキキトロリーの公式Webサイトをご覧ください

ワイキキトロリーの利用料金

ワイキキトロリーのチケットはラインや利用日数によって変わってきます

・1日1ラインチケット(1ライン1日乗り放題)
・1日4ライン乗り放題(3ライン1日乗り放題)
・4日間4ラインすべて乗り放題チケット(4ラインの4日間無制限乗車券)
◆4日分を7日間以内で使用することができる
・7日間4ラインすべて乗り放題チケット(4ラインの7日間無制限乗車券)
◆7日分を10日間以内で使用することができる

1日1ラインチケット

レッドライン、ブルーライン、ピンクライン、グリーンラインのいずれか1ライン1日乗り放題

・レッドライン:30ドル(3歳から11歳は20ドル)
・ブルーライン:30ドル(3歳から11歳は20ドル)
・ピンクライン:5ドル
・グリーンライン:18ドル(3歳から11歳は11ドル)

ラインによって料金が違うので注意しましょう!!

1日4ライン乗り放題

レッドライン、ブルーライン、ピンクライン、グリーンラインの4ラインすべて1日乗り放題

・大人(12歳以上):55ドル
・子供(3〜11歳):30ドル

4日間4ラインすべて乗り放題チケット

レッドライン、ブルーライン、ピンクライン、グリーンラインの4日間無制限乗車券

・大人(12歳以上):65ドル
・子供(3〜11歳):40ドル
◆4日分を7日間以内で使用することができます

7日間4ラインすべて乗り放題チケット

レッドライン、ブルーライン、ピンクライン、グリーンラインの7日間無制限乗車券

・大人(12歳以上):75ドル
・子供(3〜11歳):50ドル
◆7日分を10日間以内で使用することができます

ワイキキトロリー予約時の注意点

ワイキキトロリーの利用にあたってはいくつか注意しなければならないことがあります

・チケットは事前にオンライン購入またはワイキキ・ショッピングプラザの1階にある
 トロリーチケット販売所(営業時間午前8時から午後5時)にて購入
・利用の24時間前からキャンセル料金が発生
トロリー内でチケットは購入できません

当日でも購入できますが事前にWeb申込みしておくのが安心ですね

ワイキキトロリーの予約方法をわかりやすく解説

それでは実際の画面を見ながらワイキキトロリーの申し込みをしていきましょう♪
今回は「1日1ラインチケット(レッドライン)」の申し込みをしていきます
◆画面は英語表記ですがWebサイト右上で日本語表記にも変更できます

1.ワイキキトロリーのWebサイトへ

ワイキキトロリーのWebサイトへいきます
TOPページの「Buy Tickets」をクリック

torolley1

2.どのチケットを購入するかを選択

今回はレッドラインの1日1ラインチケットを選択
「Buy Tickets」にカーソルを合わせるとどのラインを購入するかを選択できます

torolley2

3.情報入力

申込者の情報を入力します
◆日本語表記でも内容は同じです

torolley3

・Name(名前)→First(名前)、Last(名字)をアルファベットで入力
・Email(アドレス)→連絡先のメールアドレスを入力
・チケット枚数は12歳以上と3歳〜11歳で分けて入力
・Tickets Use Date(利用日)→ワイキキトロリーを利用する日付を入力
・Card Details(カード情報)→クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードを入力
・Cardholder Name(名義人)→クレジットカードの名義人をカードに記載されているまま入力

入力できたら「Buy Now」をクリック
確認画面がでますので内容に誤りがないかチェックしてください!!

同じ内容が登録したE-mailアドレスにも送られていれば申込完了です(*´∀`)♪
お疲れ様でした!!

ワイキキトロリーで快適な旅を!!

今回はワイキキトロリーの申込方法について書いてきました
ワイキキトロリーを利用すればハワイ旅行の幅が大きく広がります!!

ハワイ旅行をより充実させる手段としてぜひご検討ください( ^ω^ )

コナロハのハワイ旅行遍歴

今までに訪れたおすすめスポットをご紹介!!
気になる場所があれば、詳細記事もぜひご覧ください

マップ・ジャンル検索

実際に訪れた場所を随時追加
旅行ルートを決める時に便利
☆利用方法☆
⒈マップ上部タブから絞り込み
⒉アイコンやリストから
 気になるスポットを選択
⒊それぞれの詳細記事にリンク♪

ラナイ島 マウイ島 モロカイ島 オアフ島 カウアイ島 ハワイ島

☝島を選択すると関連ページにリンク
モロカイ島、マウイ島、ラナイ島にはまだ行けていません

目的・ジャンル
  • アクティビティ
  • グルメ・カフェ
  • ショッピング
  • ホテル
  • 休憩スポット
  • 空港
  • 自然・観光スポット
アイランド
  • オアフ島
  • カウアイ島
  • ハワイ島
エリア
  • アラモアナ(オアフ島)
  • カイムキ(オアフ島)
  • カイルア・コナ(ハワイ島)
  • カイルア(オアフ島)
  • カカアコ(オアフ島)
  • カネオヘ(オアフ島)
  • カハラ(オアフ島)
  • カパアウ(ハワイ島)
  • カパフル(オアフ島)
  • カフク(オアフ島)
  • カラヘオ(カウアイ島)
  • カリヒ(オアフ島)
  • キャプテン・クック(ハワイ島)
  • ケアアウ(ハワイ島)
  • コオリナ(オアフ島)
  • コロア(カウアイ島)
  • ヌウアヌ(オアフ島)
  • ハウウラ(オアフ島)
  • ハナペペ(カウアイ島)
  • ハレイワ(オアフ島)
  • ハワイカイ(オアフ島)
  • パハラ(ハワイ島)
  • ヒロ(ハワイ島)
  • ホノカア(ハワイ島)
  • ホノム(ハワイ島)
  • ホノルル(オアフ島)
  • ホルアロア(ハワイ島)
  • ボルケーノ(ハワイ島)
  • マッカリー(オアフ島)
  • マノア(オアフ島)
  • ライエ(オアフ島)
  • リフエ(カウアイ島)
  • ワイアナエ
  • ワイアルア(オアフ島)
  • ワイキキ(オアフ島)
  • ワイコロア(ハワイ島)
  • ワイパフ(オアフ島)
  • ワイピオ(ハワイ島)
  • ワイマナロ(オアフ島)
  • ワイメア(カウアイ島)
  • ワイメア(ハワイ島)
  • ワイルア(カウアイ島)
  • ワヒアワ(オアフ島)
  • ワード(オアフ島)

あわせて読みたいPICK UP記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次